地震大きかったですね💦

2021/10/09 ブログ

よく音がうるさいとか、

同じようなところを何度も掘っているとか(笑)

迷惑がる人もいらっしゃるかと思いますが、

 

交換作業って、やっぱり重要なんだなぁと改めて実感。

関係者の方々には、感謝しないとですね。(#^^#)

 

ちなみに、爆新でも、

古い管を新しいものに交換する工事をしています。

 

水道管は大きくて、

距離もありますから、

いっぺんに交換することができません。

 

なので、5工程ほどにわけて

作業をしていくことになります。

 

もちろん、どの工程も気が抜けません!

 

1工程目は、本工事の前の「試験掘り」です。

文字通り、試しに一度掘ってみて、

状況を確認し、段取りを決めます。

 

2工程目は、古い管を撤去する前に

仮給水するための管を100m程度埋めて、

付近の住居に仮給水するための管をつないで給水します。

 

3工程目で、古い管を撤去したところに新しい管を入れます。

 

4工程目は、新しい管に水を張り給水するための管をつなぎます。

 

5工程目で、付近の住居に給水できているか確認をし、

問題がなければ仮給水するための管を撤去し、道路を舗装して完成です。

 

この工程を、繰り返し行うため、

付近に住む住民の方は、いったい何をしているんだろう?

とか、

いつ終わるんだろう?等と、

首をかしげてしまうのかも知れません。(笑)

 

ちなみに、仮給水するための管は何回も使います。

 

 

掘ってみたら水が出てきてしまうような現場では、

まず、その水を抜く作業が追加になりますし、

 

試験掘りの段階で、図面にあるはずの管がない💦

なんてことになれば、しばらくは手掘りになるので、

その分、工期も遅れてしまいます。

 

どこに何が埋まっているかわからないですから、慎重に慎重に・・・。

 

BH(ユンボ)を使えば早く終わるでしょうが、

もしも配線を切ってしまったり、

ガス管を傷つけてしまったら一大事!

 

なので、安全を優先して、スコップで手掘りです。

 

木の根っこや、

大きな石がゴロゴロ出てきても、

ずっと、手作業なんですよ。

 

感謝( ;∀;)感謝